>  > 過敏症レベルの風俗嬢が強烈だったよ

過敏症レベルの風俗嬢が強烈だったよ

感じやすいを通り越してもはや過敏症っていうしかないボディーの風俗嬢だったね。最初は「感じやすいエロギャルだなぁ」ぐらいに思っていたけど、あまりの感じ方にこれはもはや何かの症状だよなぁって。はみ出しまくったマン肉が綺麗なピンク色で食欲をソソられたり、いきなりのマン潮噴射がスゴかったとか色々と印象に残っている。でも一番印象に残ったのは恥じらいつつ何とか快楽に耐えようとしているあの顔かなぁ。俺はどんなに美人でも風俗嬢の顔ってあまり印象に残らないんだ。でもなんというのか極端な表情だけは憶えているんだよね。彼女の場合、その顔の歪め方があまりに強烈でさぁ。笑顔が可愛い感じのややギャル嬢って子だったんだけど、恥じらっているんだか、苦痛に顔を歪めているんだか分らない表情で絶頂していたのがかなりスゴかったんだよ。でもやや家庭的って感じのギャルが恥じらっている姿って結構萌えるよね。俺は普段はギャル派じゃないんだけど、あれは例外的に良い。

本当に大変な思いをした風俗でした

忍耐力が試されたのが今回の風俗体験でしたが、めったにこんなことは起きないのである意味貴重な経験になりました。単刀直入に言うと、指名した女の子が自分の想像しているよりもだいぶ横にしっかりしていたんですよ。風俗嬢ってある程度の美意識がある人がいるもんだと思っていたんですが、どうも今回の彼女を見る限りはそんなことはないようです。というのがほぼすっぴんなんですよ。眉毛だけ書いてある状態なんで正直最初からどれだけテンションが下がったか分かって頂けるでしょうか。自分としてはこれでは全くいけないので今回のプレイは完全に諦めてしまいました。とにかく終わるまでの時間が長いこと長いこと。信じられないような展開になってしまいましたのでとにかく疲れました。ここ最近の自分が利用したヘルスの中でも最もレベルが低い女の子に間違いはないんですが、この子が在籍している以上自分と同じ被害者が発生するんだろうと思うと悲しくなってきますね。

[ 2016-07-27 ]

カテゴリ: 風俗体験談